2009年11月01日

関西学院大学祭ーパート2

31d6a745.jpg


関学の建物はちょっと古い感じがしますが重厚で落ち着いたとても良い雰囲気です。

7e8f331f.jpg


バルーンアートのあとはこちらの建物で落語を楽しみました。着物姿の男性は落研なのでしょう。部員は40名だそうです。

5b403381.jpg


甲山笑待席では「五月家いずみ」さんの落語がちょうど始まったところです。お話の題名は知らないのですが、白い犬は一番人間に近くて、その犬が人間になったお話で面白かったです。犬が人間になり尻尾を振る所作をかわいらしく表現されて、写真でもわかるようにかわいい女性で最近の若者の落語ブームを見た思いでした。二人目は男性の「じゅげむじゅげむ」でした。プロにはない面白さがあり、時間があればもっと落語を聞きたかったです。

2009-10-31(土) 撮影


at 10:13│Comments(2)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by Sera   2009年11月01日 19:02
柴又のお姉さん、「元犬」ですか、ありがとうございます。
普段は落語は聞かないので面白かったです。
長いお話を覚えて上手に話されるなと感心しました。
柴又のお姉さんのお友達には楽しい方が多いのですね。
1. Posted by 柴又のオバサン   2009年11月01日 16:42
楽しそうですね。
多分お題は「元(もと)犬」ではないでしょうか。
元同僚に学生時代、落研にいた人がいました。
「ハロー亭良梅」と名乗っていましたよ。
ビートルズの曲から来ていますよね。
そのまたお友達が青学の楽太郎さんでした。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字